小山福祉レンタルサービス 所長代理 熊倉規仁
(平成21年入社 中央福祉医療専門学校社会福祉科卒)

1.私の仕事

主に高齢者が怪我や病気によって「出来なくなってしまう」事を、さまざまな福祉用具を提案して「できる」事にかえられるよう、サポートする仕事です。
福祉用具の利用者の一人ひとりは身体の状況や住環境が異なります。アセスメント(事前評価・課題分析)を行い必要な福祉用具を適切に選定し、納品。アフターケア(点検、モニタリング等)を行います。

2.やりがい

一つの福祉用具を選定し、納品が完了するまでには、ご本人はもちろんご家族、ケアマネージャーとの話し合いが必要です。いろいろな事を考えて選定した福祉用具をご利用者や介護者が十分に使いこなし、効果を発揮してご利用者の生活の質が向上したときにとてもやりがいを感じます。